スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたとの距離

ひまわり

いつも「ひまわり」のようでいたい。


ある事がきっかけで、人との距離が近づくと苦痛を感じるようになってしまっていた。

不思議なもので、通勤ラッシュ並みの混雑は我慢できた。
知らない人に対しては大丈夫だった。
一番厄介だったのは、友人や近しい人に対して距離を置かないと
苦痛を感じるようになってしまった事だった。

昨年のある日の事。
友人と食事に出掛けた。
そのレストランはとても混んでいて、待つことになった。
彼女は屈託が無く、入り口で待つ間も私のすぐ隣・・・と言うか私にひっついていた。
私の心は動揺していた。
彼女が好きなのに、近づかないで欲しいと願う心。
この状況から早く逃げ出したかった。
圧迫感にも似た苦痛の中で私は自己嫌悪に陥った。
悲しかった。

あれから時は過ぎ・・・
いつの間にか私の病気は治っていた。
思い返すと、治してくれたのは彼女だった。
心の距離=現実の距離
当たり前のようで私には自分では取り払えなかった壁だった。

一歩踏み出してしまうと不思議なもので
最近に到っては、たかが外れたかのような状態になりつつある。
まるで歩けるようになった子供が、歩きたくてしかたない様に。


今は友達と隣に座っても、苦痛を感じる事は無い。
苦痛どころか、一緒に過ごせる幸せを感じる。

お正月、実家から戻る朝
握った柔らかな母の手は、いつまでも離したくなかった。

そして、あの彼女とは会えばHUGするほどになった。

そう・・・

彼女はあの時と同じ無邪気な笑顔で。
私はちょっぴりの照れくささと
いっぱいのHappyを感じながら・・・。

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

ありがとう。
優しいメールで、これまでどれだけ救われた事か。
離れていても私の心の中で支えになっていただけて
本当に感謝してます。
ふやけてなんていませんよ^^。
いつまでも、私の憧れの人です。
これからも成長していく姿を見守っていて下さいね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。